プライバシーを確保できる!完全分離型の二世帯住宅

夫または妻、どちらの両親と暮らすにしても大切にしたいこと!

夫または妻の両親が住む家を取り壊して、同じ場所に新たに二世帯住宅を建てるという話はよく聞きます。二世帯住宅を建てる際には、普通の一戸建てでキッチンやお風呂といった全ての設備を共有する完全同居型、玄関は一つで1階と2階とで親世帯、子ども世帯が別れて生活する部分共用型、そして、玄関は二つあり、完全に居住スペースが分離される完全分離型というように、どのような住宅のタイプとするかを決めなくてはなりません。

ただし、一つ屋根の下で暮らすことになる二世帯住宅では、自分の親であっても、それぞれの世帯のプライベートな領域をきちんと確保することで、親子関係がその後もうまくいくという考えがあります。長い時間を過ごす場所であるからこそ、完全分離型の二世帯住宅で、それぞれの世帯が独立し、プライバシーが守られた暮らしとなることで、良好な関係と住まい環境を維持することにつながるといえます。

完全分離型のメリットとデメリットを予め知っておこう!

完全分離型の二世帯住宅は、家の中で階層に分かれて住むので、同居しているという印象は薄く、アパートやマンションで隣同士で暮らしているというイメージとなります。なので、生活空間が完全に分離されることになり、お互いのプライバシーは確保されます。また、電気、水道、ガスの利用料金は、それぞれの世帯で別々に負担することが可能で、世帯ごとでの家計管理を容易にします。

以上のようなメリットがある反面、完全に世帯を分けた居住空間となるために、お風呂やキッチンなどの水回りの設備や、リビングルームなどをそれぞれで設けるため、建築費用が高くなるというデメリットがあります。ただし、将来的に一世帯となった際には、半分の居住空間を大きく手を入れずとも、賃貸ルームとして人に貸すことも可能というメリットがあります。

これから二世帯住宅を建てようと考えている方には、多くのメリットがある完全分離型を強くお勧めします。