距離感の近さが魅力!部分共用型の二世帯住宅

生活の一部を共有できる

部分共用型の二世帯住宅では、文字通り生活の一部を共用することになります。具体的にどこを共用にするのかは住宅によって異なりますが、玄関やキッチン、浴室が定番です。ふたつの生活スペースの中央にその共用スペースを設けて、親世代と子供世代が一緒に利用する形です。したがって、距離感が近くなるのが魅力です。

完全に分離しているタイプの二世帯住宅では、建物はひとつでも、実質的には独立した家庭が隣り合っている状態です。そのため、親子であっても、ご近所付き合いのような関係になりやすいです。それに対して、部分共用型の二世帯住宅だと、生活の一部を共用するため、一緒に暮らしているということを実感しやすいです。毎日顔を合わせることも不可能ではなく、関係が希薄になりにくいです。

最適な距離感にできる

部分共用型の二世帯住宅は、どの部分を共用にするのかは自由に決められます。その共用部分の調整によって、ちょうど良い距離感を維持できるのも、部分共用型の魅力です。親子で仲が良いのであれば、水回りをひと通り共用にしてしまうのも良いでしょう。キッチンを共用にしておけば、献立を合わせたり、どちらかが忙しい場合にもう一方が食事を作っておいたりといったことができます。

また、距離を近付ける大切さは理解しているけれども、食事や入浴は別にしたい場合には、玄関だけを共用にするというのもひとつの選択肢です。朝出かける際に顔を合わせて挨拶をするだけでも、距離の近さは維持できます。それでいて、お互いの生活のプライベートな部分に干渉することはありません。