賑やかに生活できる!完全同居型の二世帯住宅

完全同居型の二世帯住宅とは

完全同居型の二世帯住宅とは、トイレやお風呂、キッチンやリビングなどを二世帯一緒に使用する間取りの住宅のことです。寝室などのプライベートな部屋以外はほとんど共有で使うので、家族皆が快適に生活できるように工夫されている住宅もあります。

例えば、ミニキッチンを設置したり、トイレを1階と2階に分けたり、またはシャワー室を設置したりなどです。最も多いのは、トイレとシャワー室を別途設置するケースでしょう。トイレなどは家族が多いと同時に使用することもあります。また、お風呂も一人ずつ入っていたのでは時間やタイミングが合わない家族が出てくるかもしれません。どちらも2世帯の大人数で生活するには設置しておいた方が良いでしょう。

ミニキッチンを設置する住宅もありますが、やはり長い目で考えるとおすすめの間取りです。特に若い世帯の生活スタイルは変化していくので、先々まで考慮するとミニキッチンは重宝します。

完全同居型の二世帯住宅のメリット・デメリット

完全同居型の二世帯住宅のメリットは、やはり大人数で暮らすので賑やかな生活を送れるということです。食事なども大人数で食べると、いっそう楽しくおいしく食べられます。

また、子どもがいる場合には、多くの大人が世話できるということもメリットと言えます。例えば子供が病気になった場合でも家族の誰かが在宅している可能性が高いので、日常的に不安なく暮らせます。

完全同居型の二世帯住宅のデメリットは、家族間でトラブルが起こりやすいということです。共に暮らす人数が多ければ、それぞれ意見の食い違いが出てくる場合も多くなるでしょう。円満に生活を続けていくためには、家族の誰かがストレスを抱えてしまう可能性が高くなると言えます。